アジア各国ビザ/就労許可証|アジアでの就職、求人・仕事情報満載.アジア就職を目指す方のための就職支援サイト

アジアで働く・求人・仕事・就職情報サイト ASIA Career

アジア各国ビザ/就労許可証

シンガポール就労許可証

シンガポールで就労する時は、シンガポールの就労許可証を申請、取得する必要があります。就労許可証の規定は経済状況等により常に変更される可能性がありますので、詳細・最新情報は就労ビザ発行を管轄するシンガポール人材開発省(MOM) http://www.mom.gov.sg/Pages/default.aspx のホームページをご確認ください。

就労許可証の取得方法

就労許可証は、採用決定後、就職先の企業もしくはACOの現地提携企業が申請手続きを行います。取得までの期間は数日~2週間程度です。

シンガポール就労許可証の種類

就労許可証の種類 給与 (シンガポールドル) 申請資格
エンプロイメントパス P1 $8,000/月以上 4年制大学卒以上
エンプロイメントパス P2 $4,500/月以上 4年制大学卒以上
エンプロイメントパス Q1 $3,000/月以上 4年制大学卒以上
Sパス $2,000/月以上 短大・専門卒程度卒も可
ワーキングホリデーパス 規定なし -30歳未満
-4年制大学在学中もしくは4年制大学卒者
-6ヶ月限定

※上記規定はあくまでも原則の規定です。給与額・学歴・職務内容等を総合的に判断されます。条件を満たしていない方でも給与額が高い方はエンプロイメントパスを取得できるケースもあります。

配偶者、21歳未満の子供について

エンプロイメントパス及び基本給料が$2800/月以上のSパス所持者の場合、配偶者または21歳以下の法律上子供にあたる方が、Dependent Pass (DP)を取得できます。
なこのパスの保持者が就労する際には、受入企業を通じてMOM(人材開発庁)へ提出をし許可を得る必要があります。審査機関は通常2週間ほどです。

必要書類

就労許可証の申請は通常雇用主が手続きを行い、費用も負担するのが一般的です。

必要書類

  • パスポートコピー
  • パスポートサイズの写真
  • 最終学歴証明書のコピー
  • 職務経歴書
  • 最終学歴成績証明書
  • 過去在籍していた会社からの推薦文・在籍証明書
  • シンガポールに入社予定の企業からの推薦文
  • 各種資格取得証明書

※状況に応じて追加書類が要求される場合もあります。

シンガポールのビザ/就労許可証

インドのビザ/就労許可証

中国のビザ/就労許可証

ASIA Career(アジアキャリア)はアジア就職を目指す方と日本人を雇用したい企業との出会いの場を提供するアジア就職支援サイトです。業種・職種ごとの求人情報、地域・都市ごとの求人情報からあなたが希望する仕事を探してください!

ページ先頭に戻る