英文履歴書の書き方|アジアでの就職、求人・仕事情報満載.アジア就職を目指す方のための就職支援サイト

アジアで働く・求人・仕事・就職情報サイト ASIA Career

現在位置:
ASIA Careerホーム »
英文履歴書の書き方

英文履歴書の書き方

無料カウンセリングで方向性が決まったら、ACOへお申し込み、企業選定を開始していきます。企業選定は、HPに掲載されている求人、過去受け入れ実績のある企業、あなたの経歴から探していくカスタムマッチング、この3つを同時進行に行います。

また、企業選定と並行して、レジュメ・履歴書を書きます。
レジュメとは、自分の能力、経験、資格などを採用側にアピールするための書類です。

採用側に「この人と会ってみたい」と思ってもらうため、最大限に自分をアピールし、多くの企業と面接ができるようにしましょう。

レジュメ・履歴書のポイント

(1)簡潔にまとめる。

採用側の立場となり、簡潔で、分かりやすい内容を意識しましょう。レジュメおは量ではなく質です。たくさん書いたからといって、企業側がすべてを見てくれる訳ではありません。あまりにも長いと、見落としたり、流し読みをされたりしてしまいますので、レジュメは多くともA4サイズ(レターサイズ)1枚)にまとめましょう。

(2)関連性を持たせる。

自分がやりたい仕事があれば、その仕事を意識した内容でレジュメを作成しましょう。未経験の分野でも、そのお仕事を意識して、これまでの経歴で関連性のあるものをレジュメに記載します。アルバイト、ボランティア活動、資格、等、関連性のあるものはしっかりアピールをします。

(3)具体的な数字を書く。

マネージャーであれば、携わったプロジェクト規模、部下の数、セールスであれば、売上数、顧客数、技術者であれば携わったプロジェクトについて、作品について、これまで自分が達成した成果を具体的に書きます。

レジュメ・履歴書の項目

(1)氏名、住所、電話番号、E-mail

レジュメでは、生年月日の記載、写真の貼付は必要ありません。企業があなたにコンタクトが取れる、最低限の個人情報を明記します。

(2)目的(OBJECTIVE)

レジュメの冒頭には、必ず明瞭な目的(Objective)を明記します。どのような職種に応募したいのか、これまでの経験からどのように貢献できるのかを明記します。レジュメの内容は、この目的に一貫した内容でなければいけません。

(3)資格(Summery Of Qualification)

得意な分野、スキル、自分の長所、パーソナリティ等、自分のアピールできる点を明記します。

(4)職務経歴書(Work Experience)

これまでの職務経歴を明記します。会社名、勤務年数、ポジション、仕事内容の詳細を明記します。

(5)学歴(Education)

学校名、専攻分野、卒業年月日を明記します。

(6)資格(Certificate)

英語スコア(TOEIC, TOEFL)、関連した資格等を明記します。

(7)スキル(Skill)

得意なソフトウェア、言語、プログラミング等、関連したスキルを明記します。

レジュメサンプル

ASIA Career(アジアキャリア)はアジア就職を目指す方と日本人を雇用したい企業との出会いの場を提供するアジア就職支援サイトです。業種・職種ごとの求人情報、地域・都市ごとの求人情報からあなたが希望する仕事を探してください!

ページ先頭に戻る